FC2ブログ

















歴史モノ

24日午前5時半ごろ、和歌山市市小路157の県道で、自転車に乗っていた私立中学校・高校の男性教諭(61)が、後ろからバイクで近づいてきた男に前かごのリュックサックをひったくられたらしい。

和歌山北署と学校によると、教諭は中学社会科の担当。中には採点済みの中3の3クラスと中1の1クラス分の歴史の答案用紙計162枚や採点データを記録したメモリーなどが入っていたという。

同校は「内規はないが、答案用紙は学外に持ち出さないように職員会議などで指導していた」としているそうだ。

教諭は最寄り駅に出勤途中だった。

多忙の為、家に持ち帰って採点している先生は多いと思う。USBメモリの紛失などは、日常茶飯事だが、ひったくりは珍しいな…ご難です;

さて、歴史で思い出すのが「寺子屋おゆき」の企画だ。
黒い教室の立ち上げ当時、BJ氏の「着物(和服)を脱がしたい」という一言から、アイディア段階までは、会議した幻の企画である。

父親が浪人中の娘、おゆき。彼女は父親の寺子屋を手伝い、子供らに読み書きを教えていた。しかし、それは彼女の昼の顔であった。
実は彼女は、悪どい武士や商人から金品を盗み出し、貧乏な町人たちに戦利品をばらまくという、最近巷で噂の女盗賊だったのだ。

ある夜、おゆきは忍び込んだ屋敷で捕まってしまい、あれやこれやエッチな拷問を受ける。
鞭打ち、石抱き、水責め、、、

この企画、寺子屋でおゆきが教えているので、一応「女教師扱い」としたが、今見返すとちょいと遠いかな;

でも、時代物はいつか挑戦してみたいね^^

女教師由紀子「全裸授業」
画像は、女教師由紀子「放課後は全裸授業」より。由紀子先生と歴史を学んでみよう!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/10/24 20:00 ] ほのぼの | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/539-746c9f95