FC2ブログ

















刺。

宮城県美里町の小学校(児童133人)で、男性教頭(56)が授業中、児童に注意する際に「包丁で刺されても仕方がない」との趣旨の発言をしていたことが1日、分かったらしい。
町教委は口頭で厳重注意するとともに、教頭が今月受験する予定だった校長の昇任試験を辞退させたとか。学校も教頭を集会や行事などに参加させない措置を取ったそうだ。

学校によると、教頭は7月1日、6年生の担任に代わって国語の授業を担当。数人の児童があくびをしたため「包丁が3本ある」と話し、「そのうちの1本で刺されても仕方がないぞ」もしくは「刺すかもしれないぞ」と発言したという。
帰宅後に児童の1人から話を聞いた親が、学校に知らせたそうだ。

校長は教頭から事情を聴き、7月3日、6年生に直接謝罪させた。全学年の保護者に事情を説明し、教頭が謝罪したらしい。問題発覚後、学校は教頭を事務仕事に専念させているという。

たしか、鶏肉の産地偽装した、江戸川の肉屋の社長も「刺された(密告された)」という使い方をしていた。そういう隠語的な使われ方をする言葉なのである。確かに、必要以上にドキっとさせる響きだよね。
前後、どういう流れで、出てきた発言かはわからないが、チクッた児童と騒ぎ立てた親のほうにも、なにか歪なモノを感じてしまうのは私だけだろうか?まさに、教頭先生は「刺された」わけだからさ。
もっと普通に注意できなかったのかと思うがね。品が無いぜ!まして、これだけ「無差別殺傷」が騒がれている最中に…アホちゃうか!

付け加えるなら、「あくびが出るほど」つまらない授業だったとも推測されるわけで、現場を離れていたとはいえ、もう少し教育技術を向上させる事をお勧めする。
でも、この教頭先生はそもそも軽率なヒトのようだから、きっとまた、同じ過ちを繰り返すことであろう。今後一切、現場には出さないほうが、いいかもしれない。

さて、連日トンデモネタが入荷するので、ブログのほうは“夏枯れ”もなく、去年よりは苦しまずに書けている^^
肝心の制作については、昨日、長らく引っかかっていた企画が一山越えた。
当然、山は連なっているのだが、当面の登山ルートが見えているので、精神的にはかなり楽になったね。
8月はきっと筆が進むことだろう^^

サイトの更新もボチボチしなければ;

振り向き蛭田教頭
画像は、リサ校長の場合「追跡」より。蛭田教頭もやりたい放題。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/08/02 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/56-1096a1b1