FC2ブログ

















近視

ことし4月に行われた全国学力テストの結果を岡山県教育委員会が分析したところ、家でテレビゲームで遊ぶ時間が長い子どもほど、テストの正答率が低かったことが明らかになったらしい。

全国学力テストは、小学6年生と中学3年生を対象に、ことし4月に行われ、県教育委員会は子どもの学力と生活状況との関連についての分析をまとめたという。

それによると、中学3年生の数学の応用問題では、家でテレビゲームをする時間が「一日あたり1時間以内」と答えた子どもの正答率の平均が59.8%だったのに対し、「4時間以上ゲームをする」と答えた子どもは41.8%と、18ポイント下回ったとか。ほかの教科でも正答率に10ポイント以上の差があったそうだ。

県教育委員会では「テレビゲームをする時間の管理がしっかりできない子どもは、計画的な学習もできていないと考えられる。親子で話し合ってルールを決めてほしい」と話しているという。

これって、別にゲームとか関係ないよね?単に勉強する時間が少ないだけとちゃうんかい!
現場じゃいまだに、「ゲームは悪」なんだろうなぁ。

昔、少年やみげんが、学校の身体測定で視力検査を受けていた時の事。その年は劇的に視力が下がっていたのだが、その結果を受けてその場にいた教師が一言。

「これは、テレビの見すぎやな!テレビばっかり見てると目も悪くなるし、勉強もせんようになる」

と、級友達の前で晒し者にしてくれた。
おあいにくさま!ウチは、とっても厳しい家だったので、テレビなんざぁ碌に見せてもらえなかったよ。「本読め!本読め!」ばっかりだったぞ。
それに、近視の原因の多くは眼球の成長に伴った屈折異常らしいじゃないか。この場合もテレビは全く関係ない。

「これは、ゲームのしすぎやな!ゲームばっかりしてると時間の使い方が下手になるし、勉強もせんようになる」

今も昔も情弱教師たちが、なんの根拠も無い風説で、子供心を傷つけているのだろうよ。

由紀子先生の全裸授業「大変良く出来ました」
画像は、女教師由紀子「放課後は全裸授業」より。ゲームをしながら楽しく勉強^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/11/30 20:47 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/574-c405a95a