FC2ブログ

















食い物

文部科学省は30日、全国の小中高校を対象にした「2008年度問題行動調査」の結果を発表したらしい。児童生徒による暴力行為は、前年度から約13%、7000件増の5万9618件と過去最多を更新。器物損壊を除く暴力では4件に1件は被害者がけがをして医療機関で治療を受けており、感情を抑制できずに、けがを負わせるような実態が浮かんだという。

文科省が都道府県教委を通じて調査。暴力行為の内訳は小学校6484件、中学校4万2754件、高校1万380件。形態別では、子ども同士が3万2445件で最多。対教師も8120件に上ったそうだ。対人暴力のうち、病院で治療を受けたケースを初めて調べた結果、1万664件に上ったという。

一方、学校が把握できたいじめは8万4684件で最悪だった06年度(約12万5000件)から3割減らしい。

「キレ易い子供たち」ってのは、だいぶ前にも聞いたことがあるなぁ…若者はいつの時代も辛抱が足らないものだ。それでも過去最多だから、事態は深刻ということか。

親や学校、社会を含めた、こどもの生育環境が原因との論調が多いようだが、やみげんは昔から「食い物犯人説」を押している。
ホントかどうか知らないけど、「カルシウム不足だとイライラする」というやつの、もっと深刻なケースね。

例の、「毒餃子事件」のようなわかりやすい毒物混入ではない。未だに、毒性試験の行われていない食品添加物が使用されていたりするらしいが、それを長期間接種した人体への影響は未知数、おおよそ良い方に影響するとは考え辛い。添加物のかたまりであるファーストフードとか、どんなモノが入ってるか誰も知らないよね?

まぁ、気にしだすと何も食うものがなくなってしまうわけで、皆ゆっくりと「キレ易いヒト」になっていくのだろう。
なんとも怖い話である。

女教師由紀子 レディサンタ
画像は、女教師由紀子R「冬の聖女」より。さぁ!今年もあと1ヶ月。頑張って参りましょう^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/12/01 21:58 ] ちゃま | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/576-053ac893