FC2ブログ

















ハゲ

前橋市立小学校で、頭髪が薄い人をからかう歌詞の曲が校内放送で流れたことを問題視した40代の男性教諭が、児童28人を土下座させ反省を強要していたことが25日、分かったらしい。校長は「不適切だった」としているとか。教諭は校長に伴われて児童の家庭を訪ね、保護者に謝罪したそうだ。

校長によると、曲は今月3日昼の校内放送で流れたらしい。教諭は「人の身体的特徴を笑いの対象にしてはいけない」と、CDを学校に持ち込み放送委員会の児童に流すよう頼んだ6年の男子児童を注意。「誠意をもって反省の態度を示す方法がある」と自分の前で土下座させたという。

翌日には、曲を聞いて笑った4年生27人にも土下座を求めたそうだ。

曲はインターネットで流されていた。教諭は4年の担任で放送委員会の顧問。「人の心を大事にしてほしいと願う指導のつもりだった」と話し、自身も髪が薄いが「個人的感情で怒ったわけではない」と釈明しているという。

>「人の心を大事にしてほしいと願う指導」
大嘘だな。
土下座させられるほどの笑いを誘う曲とは、どんな曲だったのかね?いつくか「これでは?」というのは出回っているようだが、よくわからん。

子供の頃、「ハゲ」と「ババ(うんこ)」ってのは、“笑いのツボ”そのものだった。ただ口にするだけで皆、異常に笑い転げていた。あれは一体なんだったのだろう。無邪気なモノだ。

「ハゲハゲ笑うな!おまえもそのうち大変な事になるぞ!」
当時に戻って、少年やみげんにそう叱ってやりたいこの頃である。

やみげん
やみげんはこんな感じ^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2009/12/26 17:27 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/601-c06849df