FC2ブログ

















事故

オーストラリア・ブリスベン――男性パートナーの口をテープで封じ、体をロープなどで縛ってシャワーを浴びにいった女性(58)が戻った際、男性が窒息死しているのが見付かった事件の裁判が5日あり、過失致死の罪に問われている女性は無実を主張したらしい。

クイーンズランド州ブリスベン近くで2004年起きた事件で、検察側は男性を身動き出来ない状態で放置しながら、女性が浴室へ行った責任を追及。当時47歳の男性は、ロープのほか、テープや犬の鎖も使い、2人の自宅中庭にあるコンクリート製ポストに縛り付けられた状態だったという。

一方、被告側は、縛ったのは男性の求めだったと主張。取り調べに当たった捜査官は、男性の要求に不快を感じたため女性は最初、拒否したとの供述内容も証言しているそうだ。弁護士は、男性が死亡したのはプレー上の手違いだったと女性の無罪を強調しているらしい。

女性が有罪となった場合、最高刑で終身刑が言い渡される可能性があるという。

いかんいかん。
このところ、ヘンな方向にブログが行ってたね。書いてる本人が、なんとも後味が悪かった;
邪念をとっぱらって、エロに専念しよう。

さて、SM事故である。
表には出にくいようだが、SMプレイ中の事故は以外に多いらしい。

告白記事などを読んでいると、「浣腸しすぎで、お腹の調子が悪くなり、医者に行きました」という微笑ましいものから、「女王様がローソクをうっかり倒して、気化した消毒用アルコールに引火→M男は火傷&プレイルーム半焼」といった洒落にならないものまで。

SMプレイは“縛り”一つとっても、細心の注意を要する。だから、「縛師」と呼ばれるプロが存在するわけだ。

何事にも、ノウハウがあると言う事やね。

音花「淫ら縄」
画像は、女教師音花「淫ら縄」より。やっぱり“縛り”はイイねぇ~。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/08/10 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/64-6f9f867e