FC2ブログ

















先送り

漫画などでの子供に関する性表現を規制対象とする東京都の青少年健全育成条例改正案について、都議会最大会派の民主党は18日までに、継続審査の動議を提案する方針を固めたらしい。共産党、生活者ネットワーク・みらいも同調する方向とか。これにより、同改正案は開会中の今都議会では成立せず、継続審査の見通しとなったという。

改正案は、漫画やアニメの中の18歳未満と類推される人物を「非実在青少年」と規定。非実在青少年への性暴力などを肯定的に描く図書類を、青少年への販売・閲覧規制の対象に加える内容だが、漫画家有志や出版業界が「表現の自由を奪う」などと反対しているそうだ。

先日の漫画家先生たちの規制反対の会見を見た人も多いと思う。どんどん騒ぎが大きくなってるね。
継続審議になれば、この条例の様々な問題が明らかになっていくだろう。ただ、一部情報によれば、共産、生活ネットはまだ態度を保留しているらしいから、油断は出来ないぜ!
欲を言えば、継続審査などではなく、はっきりと反対表明してほしかったのだが…。

規制派の人たちは、ギリギリまで水面下で準備をして、一気に可決しようとしたようだが、おあいにくさまだ。
すでに昨年末には、答申案作成の過程から、キ印な議論がキ印な委員たちによってなされていた事は、反対派には知れ渡っていたからね。ネットが無い時代だったら、誰にも知られる事無く規制が行われていただろう事を思うと、ゾッとする。

今頃になって都の担当者が、言い訳じみた事を言ってるぞ。

「表現の弾圧ではない」 東京都が青少年健全育成条例改正案を説明
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/100318/gam1003180500000-n1.htm

まぁ、一担当者が何を言っても信用できないね。実際に施行されれば、どんどん恣意的な運用がなされる事だろうよ。条文に書かれている事が全てである。
それにしても、産経がなんで広報になってるんだ?変態と読売は今回はお休みか?

最終結果は明日です。

LITTLE ANGEL-兄コンプレックス-sp02
画像は、SHOU先生新作「LITTLE ANGEL-兄コンプレックス-」より。都の言う「近親者との性行為を肯定的に」描いてるけど、ウチとしては“ほのぼの”カテゴリーです^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/03/18 15:19 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/683-92bbde7e