FC2ブログ

















目安箱

政府の規制改革会議は12日、教員採用や人事を巡る不適切な慣行などについて幅広く情報提供を受け付ける「教育目安箱」を設置することを決めたらしい。

大分県の教員採用を巡る汚職事件を受け、教員採用の公正性や透明性を高める必要があると判断したとか。13日に同会議のホームページ上に開設するという。実態を把握した上で教員採用システムの改善策などを練り、年末にまとめる第3次答申に盛り込みたい考えだそうだ。

内閣府規制改革推進室では「問題点を洗い出すためには、現場の生の声を直接吸い上げる必要がある」としている。教育関係者や児童・生徒の保護者などから、教員採用を巡る不適切な実態や慣行のほか、効果的な改善策や望ましい教育行政の在り方などに関し、情報や自由意見を募るそうだ。目安箱は9月12日まで設置するという。投稿は、同会議のホームページ内か、規制改革推進室への郵送で受け付けるらしい。

「目安箱」かぁ…徳川吉宗やね。
だいたい、お上のやることは疑ってかかるべきだし、規制改革会議がどこまでの力を持っているのかも疑問だ。1ヶ月間という期間限定ってのも腑に落ちないなぁ。公務員叩きの一環で、ただの人気取りかと思える一方で、重大事案については、極秘裏に握りつぶすのではないのか?との疑念も拭いきれない。

結局、大分の事件も「不正合格者の特定は困難」との理由で採用取消に至らず、案の定、ウヤムヤのうちに終わってしまいそうだ。誰も名乗り出ないなんて…恥ずかしくないのかね。
答案破棄という証拠隠滅が、功を奏したとも言えるが、不合格者が特定されれば、“口利き”をしたエラい人達の名前も出るわけだから、相当な圧力もあったやに聞く。

他県などでも、当然行われているであろう「不正採用」だが、マスコミ諸氏も“疑惑”どまりで、それ以上の核心には迫れていない。どんだけ閉鎖的だったかということだね。

まさに闇から闇。

雪村先生03sp01
画像は、秘密の女教師・雪村美佐「淫獣の群れ」(仮)より。無事、脱稿です。購買部は後ほど更新。

スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/08/15 20:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/69-84e268ff