FC2ブログ

















恒例

民主党の法務議員政策研究会は15日午前、児童ポルノの所持規制強化を目的とした児童買春・ポルノ禁止法改正をテーマに、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんと田島泰彦上智大教授(メディア法)を招き意見を聞いたらしい。

インターネットの飛躍的普及により、児童ポルノ写真や映像の拡散が問題化しており、アグネスさんは児童被害の現状などをスライドを使って説明。世界の中で日本での取り締まりは遅れていると指摘し「子どもを救えるのは法律を作る政治家だ」と所持規制を強める法改正の必要性を訴えたという。

田島教授は児童の権利保護は社会の大きな役割だとした上で、市民の正当な創作活動を妨げたり「表現の自由」の侵害にならないよう規制内容に配慮が重要だと指摘したそうだ。

民主党は、児童ポルノの写真購入を罰する「取得罪」新設などを提案しているらしい。

あぁ…そういう季節になったのね。
もはや、予算通過後の児ポ法改悪論議は恒例行事となった。ボチボチ世間も単純所持規制のヤバサに気づきだしている中、財団法人日本ユニセフ協会(ユニセフとは別物)の広告塔の中国人は、好き勝手な事を喋ったんだろう。田島先生のほうは至極まっとうな事をお話になったようすだが。

聞けば、この広告塔は、小宮山大先生が呼んだそうだ。ホントかどうかは知らんが、さもありなん。
それでも、ヒアリング後の質疑は一切無かったらしいね。さすがにこの女の胡散臭さを、先生方も感じたのではないか。いや、仮にも国民を代表してるんだ、その程度の事はすでに事前情報で知ってるよね?ね?

LITTLE ANGEL-兄コンプレックス-sp02
画像は、LITTLE ANGEL-兄コンプレックス-より。心温まる近親相姦モノです^^
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/04/15 22:13 ] 規制 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/711-e6feff51