FC2ブログ

















ご快癒祈念

作家の団鬼六さん(79)が食道がんになっていたことが23日までに分かったらしい。発売中の「小説新潮」5月号に掲載された手記「残日録・春-我、ガンになりたり」で公表したという。

今年1月、のどに異常を感じ、検査して分かったとか。「5年生存率が60%」と言われた手術は受けずに、「同20%」の放射線治療を選んだという。自身のホームページでは22日付でコメントを発表。「治療経過、至って良好。我は死なぬ為に延命するは望まず。大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す」などと記しているらしい。

団さんは慢性腎不全も患っており、当初人工透析を拒否したが、約3年前から同治療を受け入れ、執筆を続けているという。

一昨日、「花と蛇」の事を書いたばかりだったので、一報に接した時はビックリ。

やみげんの悶々とした青春時代。緊縛グラビア大好き少年だったけど、文章で抜くことが出来た最初の作品が、先生の「肉の顔役」であった。

今回の件で、ブログに書かれたファン宛のメッセージの、なんと品格に溢れている事よ。書庫をひっくり返し、また先生の本を読んでみたくなった。

鬼六ブログ
http://oniroku-dan.cocolog-nifty.com/blog/

一日も早いご快癒をひたすら願っております。

肉の顔役 (上) (幻冬舎アウトロー文庫)肉の顔役 (上) (幻冬舎アウトロー文庫)
(1998/04)
団 鬼六

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/04/23 23:44 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/719-8b1c1fd0