FC2ブログ

















甲斐性無し

栃木県警さくら署は22日、息子の通う中学校の教頭(50)を殴って軽傷を負わせたとして、傷害の疑いで栃木県高根沢町在住、秋田県出身の塗装工(49)を逮捕したらしい。

同署によると、塗装工は中学校の教員に対し「秋田弁をばかにされた」と激怒していたという。

逮捕容疑は13日午後5時45分ごろから約30分の間、高根沢町内の中学校の廊下や校長室で、教頭の右腕やあごなどを殴り、軽傷を負わせた疑いとか。

同署によると、塗装工は12日、栃木県佐野市で10~11日に開かれた陸上競技大会で生徒同士でペットボトルの投げ合いになり、息子だけが大会役員に注意されたことについて中学校に電話。

応対した女性教員が、塗装工の言葉が聞き取りにくかったため「秋田弁ですか」などと発言し「秋田弁をばかにされた」と口論になったそうだ。

翌13日になって塗装工は「一対一で話をさせろ」と同中を訪れ、教頭が対応した。12日も13日も酒を飲んでいたとみられる。

これ、学校側は反撃出来ないと思ってたんだろうな…最低な奴。
言いつけた子供も、ここまで大事になってかえって恥ずかしい思いをしているのではないか?「さすが父ちゃん!」、でない事を願います。

さて昔、結婚直前まで行った彼女が秋田出身であった事を思い出した。
実家の親御さんにあいさつに行った時、やはり外国語に聞こえたな。前出の女教師は、電話での会話だったわけで、ほとんど聞き取れなかったはずである。
やみげんのほうは共通語で、かつなるべく平易な分かり易い言葉を使っていたので、こちらの言わんとする事は伝わっていたようだが、先方の言葉は、彼女の通訳を介さないと全く理解できない状態だった。

お父さんと、一対一になった時の長ーい沈黙は、多分に言葉のせいであったように思う。

真冬の寒い寒い日であった。
お風呂を頂いたのだが、火傷しそうなほど熱かったのを憶えている。

結局、彼女とはゴールインとはならなかったが、それはやみげんの甲斐性が無かったからである。

その後もあまり成長がないなぁ…甲斐性が欲しいぜ!

由紀子×父兄sp2
画像は、「女教師×父兄」由紀子製作委員会より。親も子供も最低な奴らです。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/07/30 23:03 ] バカ親 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/816-c3d299cd