FC2ブログ

















細菌

インド、パキスタンが発生源とみられ、ほとんどの抗生物質が効かない新種の細菌に感染した患者が欧州などで増えており、ベルギーで16日までに最初とみられる死者が確認されたらしい。欧米メディアによると、英国、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツ、米国、カナダ、オーストラリアで感染が確認され、今後さらに拡大する恐れがあるという。

英医学誌ランセット最新号によると、何種類かの細菌が「NDM1」と名付けられた遺伝子を持ち、ほとんどすべての抗生物質に対して耐性を持つようになったとか。こうした細菌に感染すると死亡率が非常に高くなるため、感染への監視強化と新薬の開発が必要だとしているそうだ。

同誌によると、英国では約50件の感染が確認されているらしい。感染者の多くは、医療費の安いインドやパキスタンで美容整形手術などを受けており、同誌は感染源は両国との見方を示しているという。

怖いね~;
インド、パキスタン発生という事は、すでに中国あたりには来ているんだろうなぁ…いや、もう国内に入ってきているかもしれない。

SARSの時の騒動を思い出した。病院丸ごと隔離とかしてたよね?
あの時は、中国で発生したわけだが、とにかく情報の隠蔽が酷くって、世界中が大迷惑したっけか。

ちょうど当時、上海に滞在していた知人がいた。
日本に帰国して、大騒ぎになっているのを始めて知った、と聞かされたよ。情報統制の為か、街は穏やかなものだったらしい。

さて今回はどうかな?

細菌と人類―終わりなき攻防の歴史 (中公文庫)細菌と人類―終わりなき攻防の歴史 (中公文庫)
(2008/11)
ウィリー ハンセンジャン フレネ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/08/18 21:50 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/835-e1210506