FC2ブログ

















打ち止め

08年度の教員採用試験で得点の改ざんにより不正に合格した教員の採用を取り消すことを決めた大分県教育委員会は30日、職員らが対象者のほぼ全員と個別に面談し、取り消しについて伝えたらしい。多くの教員は自分の得点がかさ上げされた事実を知らなかったと話し、「納得できない」と反発する声も上がったという。

不正に合格したとされるのは小学校14人、中学校6人、養護教諭1人の計21人。

県教委によると、このうち元小学校長(52)=贈賄罪で起訴=の長男で既に辞職した元教諭(26)を除く20人のほぼ全員と面談し、改ざん前の本来の得点を示したうえで採用取り消しの方針を伝えたそうだ。上司の校長や教頭、市教委職員らも同席した。対象者の多くは、自分の得点が改ざんされていたことを「全く知らなかった」と話しているという。

県教委は自主的な退職も勧めたうえで、納得が得られない場合でも採用を取り消す。ただ、本人が希望すれば臨時講師として雇用するとか。面談ではこうした方針も伝えたが「(取り消しは)受け入れられない」と反発したり、動揺して泣き出したりする人もおり、この日に結論を出した教員はいなかったという。

県教委は9月上旬をめどに採用を取り消す考えで、近く再び面談して本人の意向を確認するらしい。

結局。この夏は、このネタにはじまり、このネタに終わったな。

元校長の長男一人で「打ち止め」と過去記事で書いたわけだが、大分県教育委員会は頑張ったね!少なくとも08年度分に限ってだけど;
口利きは、数十年も常態化していたようだが、過去分に遡らない(遡れない)以上は、やはり「打ち止め」だね。今後もまた、数十年にわたり大分の教育への不信は残るだろう。他県でも同じような事があるだろうに、その点は同情申し上げる。

まだ、特定される前の話だがモザイク付きで08年度採用の先生が取材に応じていた。「一番の被害者は私達です」とぬかしていたが、ウソでも「一番の被害者は児童達です」と答えられなかったのか?その先生が、今回の対象者かどうかは不明だが、そもそも、このヒトは先生には向かないなと思った。

さて、多くの学校では明日から新学期だね!やみげんには、全然関係ないはずなんだけど、やっぱりなにか“区切り”のようなものを感じます。2学期もきっと、様々なトンデモ教師が現れ社会の怒りを買う事でしょう。
黒い教室も年末に向けて、益々頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします^^

由紀子水着
画像は、由紀子~堕天使奪還~より。由紀子先生の水着姿。夏も終わりだからね。
スポンサーサイト
[PR]

[ 2008/08/31 20:00 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/85-b1b6f72a