FC2ブログ

















昭和臭

国や自治体が学校や図書館、庁舎など公共施設を新たに整備する際、低層の場合は原則としてすべて木造建築とする基本方針を政府がまとめたことが20日、分かったらしい。対象は高さが13メートル以下、軒の高さが9メートル以下の両条件を満たし、延べ床面積が3千平方メートル以下の建物とか。2階建てと平屋が中心となるそうだ。すべての公共施設で内装や備品、燃料の木材利用を促し、停滞している林業の再生を狙うという。

政府は建築物の不燃化などのため、公共施設の「非木造化」を進めてきたが、国主導で木材利用を進める「公共建築物木材利用促進法」の来月1日施行を踏まえ、抜本的に方向転換した。10月中に正式決定、省庁や自治体に施設の木造化に努めるよう求めるそうだ。

基本方針は「戦後植林された人工林資源が利用可能な段階を迎えつつある一方、利用は低調で価格も低迷している」と指摘。公共施設に木材を使う量を増やして林業を振興し、森林を育てることで二酸化炭素吸収による地球温暖化防止も目指すらしい。

また低層建物だけでなく、すべての公共施設で、目に触れやすいエントランスや窓口、記者会見場などの内装、机やいすなど備品、暖房器具の燃料に木材を利用するよう求めたという。

学校フェチのやみげんとしては、鉄筋で画一的な造り校舎の、どこか抑圧的な感じがSMチックで大好きなのだが、木造の有機的な感じも歓迎だ!
なんと言っても、木造は昭和の臭いがするしね。廃校の写真なんかで、床とか階段とか、良い感じに黒光りしているのなんか、それだけで抜けるぞ。
うぅ…校舎全体に漂う淫靡な空気がたまらんぜ!

でも。
きっと綺麗な木造建築になるんだろうなぁ…明るい開放感全開の;健康的な;;;

どっかの自治体で、わざとレトロな感じの校舎を造ってくれる事に期待だね^^
復刻!○○小学校とか;

木造校舎

あと、ちょっとだけ宣伝。
SM写真の巨匠、杉浦則夫先生のサイトで、拙著を掲載していただいてます。連載予定です。
応援よろしくお願いいたします。
「緊縛新聞」
http://www.sugiuranorio.jp/wp/
「投影 ~小林一美を求めて~ 第一章」
http://www.sugiuranorio.jp/wp/articles/news/post686.html
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/09/22 15:49 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/870-45c5dbee