FC2ブログ

















贖罪

2008年に発覚した県教員汚職事件で、元幹部の不正な点数改ざんがなければ07、08年度試験で合格していたはずの54人の賠償問題に絡み、県教委が公立小中学校と県立学校の校長、教頭計約1100人にカンパを募っていることがわかったらしい。賠償金は総額約9000万円に上るとみられ、校長に5万円、教頭に3万円のカンパを求めているそうだ。県教育長は「任意で協力をお願いしており、強制ではない」と話しているという。

県教委によると、カンパは賠償金の財源の一部に充てる目的。賠償金は――
〈1〉教諭の年齢に応じた1人数十万円程度の慰謝料
〈2〉採用までの間を臨時講師として働いたと仮定し、その間に得る教諭と臨時講師の収入の差額
――で算出し、8月から個別交渉しているらしい。

カンパは校長会との協議で、賠償金約9000万円の半額程度を目安にして、校長、教頭ごとの金額を決めたという。12月の期末勤勉手当(ボーナス)が支給される頃、県教職員互助会へ寄付する形でカンパしてもらうという。

一連の汚職事件では、不正な点数改ざんのあおりを受け、07年度試験で32人、08年度試験では22人が不合格となったそうだ。

県教委は10月末までにこの54人全員の了承を得たうえで、12月の県議会に賠償金を支払う議案を提出する方針を示していたらしい。

了承を得られたかどうかについて、教育長は12日、「明らかにしない」と述べたという。

どれくらい集まるのかね?見ものだな。

被害にあった側は、「金で済むと思ってんの?」ってのが本当のところだろう。「それもまた人生」と言えなくもないのだが、当初の希望に溢れた人生設計が大きく狂ったはずだ…被害に遭った者の怒りなんか、加害者にはわからんのだろ?犯した罪から逃げられると思ってんの?

まぁ、貰えないより貰ったほうがいい。「これにて一件落着!」とかの横柄な態度なんだろうし、取れるだけ取ったほうがいいと思う。

この事件で、関係者とされた連中は有罪になったらしいけど、全部じゃないと思うぜ!時効ギリギリまで遡って、責任追及して欲しいものです。

教育実習生物語「雨・濡らして…」sp02
画像は、教育実習生物語「雨・濡らして…」より。ゴロツキー少佐様、ご購入&レビューをありがとうございます!これからも頑張って参ります!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2010/11/13 21:22 ] トンデモ教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/922-35fcda8b