FC2ブログ

















風化

6434人が犠牲になった阪神大震災から16年を迎えた17日、兵庫県内各地で追悼行事が営まれたらしい。雪が舞い散る寒さの中、神戸市中央区の東遊園地では「阪神淡路大震災1・17のつどい」が開かれ、鎮魂の祈りをささげたそうだ。遺族や市民らは悲しみや助け合いの記憶を風化させず、次世代に語り継ぐことを誓ったという。

神戸市などでつくる実行委員会が主催。東遊園地には約1万個のろうそくを入れた竹灯籠(とうろう)が並び、午前5時に遺族らが点火。〈1995 1・17〉の文字が闇に浮かびあがったらしい。

午前5時46分、地震発生時刻を告げる時報に合わせて集まった人々が犠牲者を悼み、手を合わせたとか。その後、母親を亡くした神戸市西区の遺族代表が追悼の言葉を読み上げた後、神戸市の矢田立郎市長が「今、市民の約4割が震災を知りません。震災を風化させないため、いま生きている者の責務として教訓を後世に継承していかなければならない」と呼びかけたという。

その時、やみげんは近県在住であった。
ドーン!と一発。跳ね起きたというよりは、身体が浮いた感じがしたな。大きな横揺れが続いたように記憶している。

16年前か…勤め人であったし、妻帯者でもあった。
当時の記憶は風化していくばかりだが、その後の転落の経緯はハッキリ憶えているぞ。

恨みは、いつまでも脳裏にへばり付いている。
それも、生きていればこそだ。

震災の記録 1 [DVD]震災の記録 1 [DVD]
(2007/08/21)
ドキュメンタリー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/01/17 18:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/988-b663666b