FC2ブログ

















孤立無援

担任する女子児童の両親から長期にわたる抗議を受けたことで不眠症になったなどとして、埼玉県行田市立小学校に勤務する女性教諭が、両親を相手取り、慰謝料500万円を求める訴訟をさいたま地裁熊谷支部に起こしていたことが18日分かったらしい。
文部科学省は「教諭が保護者を訴えた例は聞いたことがない」としているそうだ。

訴状などによると、昨年6月、教諭が担任する3年の女子児童と同級生の間でトラブルが起き、女児の母親は教諭に「同級生が悪いのに自分の娘に謝らせようとした」などと抗議の電話をかけたらしい。母親はそれ以降もたびたび連絡帳で「全く困った先生です」などと苦情を寄せ、行田市教委にも教諭の言動に関するクレームを伝えた。さらに、教諭が給食指導中に児童の背中に触れただけで、暴行容疑で県警に被害届を提出したという。

教諭は度重なる苦情などから9月に入って不眠症に陥り、校長に「担任を降りたい」と申し出た上、「このままだと犯罪者にされる」と考えて弁護士に相談。同月下旬に提訴したという。

双方、言い分は有るだろうし、女教師と言えども酷いセンセイが存在することも承知している。後になって、彼女の必ずしもよろしくない行状も明らかにされている。

その上で、だ。
伝わる限りで判断すると、この先生は、ちゃんと段取りを踏んでいるようだし、訴訟は止むを得ないように見えるのだが。

気になったのは、この間の学校の対応だ。
保護者が、なるべくオオゴトにしようとしているのだ、初期の段階で学校側が事態を知らないはずが無い。
こじれる前に、有効なアドバイスがあったとも思えない。上司が代わって矢面に立った形跡も無い。おそらくこの女教師に丸投げだったのだろう。
孤立無援の女教師だったからこそ、外部=弁護士に相談したのではないのか?

まぁ、所詮全ては推測である。
真実は、裁判で明らかにされるだろうから、傍聴に行きたいなぁ…ちょいと遠いか;

由紀子×父兄sp2
画像は、「女教師×父兄」由紀子製作委員会より。怪物親にも問題ありだ!
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/01/21 18:00 ] 女教師 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/991-1194b86e