FC2ブログ

















黙示録

社会保障・税に関する共通番号制度の導入を目指す政府の実務者検討会(座長・与謝○馨経済財政担当相)がまとめる基本方針案が27日、明らかになったらしい。関連法案が今年秋の臨時国会で成立した場合、2014年6月に国民に番号を割り当て、15年1月から運用を開始するという。

28日の検討会で了承、31日にも政府・与党の社会保障改革検討本部で正式決定するそうだ。

基本方針では、個人の情報保護の観点で、従来の住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)を改良して安全性を高めたICカードを国民に配布。番号を利用できる分野は、社会保障では年金、医療、福祉、介護、労働保険とし、税では国税、地方税としたらしい。

番号を管理するのは、民主党のマニフェストに沿って、社会保険庁の後継組織・日本年金機構と国税庁を統合した「歳入庁」とするが、当面は住基ネットを所管する総務省が個人、国税庁が法人を管理するという。

確定申告用の書類がや源泉徴収票が続々送られてくるな。
今年は、例年より早いペースの気がするが、どうなんでしょう?

ちゃんと税金は納めているので共通番号は怖くはないが…それはあくまで税金に限っての事である。
なんでもかんでも国家に把握されるのは、やっぱり気持の良いもんじゃないな。

それでも、酷い自営業者が居るらしいからね。生活費のほとんどを経費で落とすとか。
この制度では、そういった隠れたお金がどれくらい炙り出されると見積もっているのか。興味のあるところです。
ものすごい金額だったりして;

ただ。
国民に番号を割り振って管理するという発想は、たかが税金ごときで終わるはずも無い。
そのうち、全てが管理されるからな。

また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。
そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。
ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は666である。

(ヨ○ネの黙示録 13章16節-)


聖教師 絵里奈sp02
画像は、「聖教師 絵里奈」より。待ち受けるのは、天国or地獄?もちろん、j
スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/01/28 18:00 ] 与太話 | TB(0) | CM(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blackclassroom.blog116.fc2.com/tb.php/998-bac766f6